植毛の方法について

植毛といっても、2種類の方法があり、合成繊維で作られた毛を移植する方法と自身の毛を移植する方法があります。 人工植毛は、自分の毛が全く生えていない人でも行うことができ、植えられる毛の量に制限がないので、禿げてしまった部分を完全に隠すことが可能です。ポリエチレンやテレフタレートといった合成繊維は、人工血管にも使用されているため安全性も高く、本物の毛と変わらないほどです。ただ、人工毛は人体にとっては異物であるため、人によってアレルギーなどが起こる可能性があります。 自分の毛髪に似た人工毛を選び、局所麻酔をした後専用の針を使用して植え込んでいきます。髪の流れやヘアスタイルはカウンセリング時にしっかりと計画を立てることが大切です。 自毛植毛は、禿げている部分に自分の髪を移植する方法で、自身の毛を使用するためアレルギーが起こる心配はほとんどなう、自然に伸びてくるので施術箇所は自分の髪として生えてきます。 麻酔をかけた後、髪の付いた頭皮の一部を切り取って禿げた部分に移植していきますが、頭皮全体に施術することはできず、部分的な治療しかできません。しかし、自毛の場合は、定着率も非常に高く、自然な髪を手に入れることが可能です。

植毛の費用はどれくらいか?

植毛についてですが人口の物と自分の髪の毛を使った物があります。増毛やカツラ等もあるのですが、総合的にはとてもお金がかかって来ると言えるでしょう。頭皮に髪を植える方法があるのですけれども、医療機関等で行わなければなりません。 植毛ですが保険は適用されないのですが、費用が高くなるのがポイントと言えるでしょう。植毛は人口毛髪を頭皮に植え付けるタイプの物と、毛根を髪が薄い所に植える手術があります。 人口毛のケースですと髪の毛を一本植え付ければ300円ぐらいが相場と言われているのです。範囲が狭い場合ですと、平均では6万円から、20万円を見ておけば良いでしょう。 広い範囲ならば六十万円ぐらいの費用がかかるのです。 自分の髪の毛の場合ですと、髪の毛一本で1000円ほどが相場となっており、狭い範囲でしたら、30万円から50万円を見ておく必要があるでしょう。もちろん、広い範囲になると、数百万円単位の費用がかかる事も珍しくはありません。 人工毛髪の方が比較的に安くすることが可能ですが、数年に一度メンテナンスをする必要がありますので、そこにも費用がかかってしまいます。確実に髪の毛を改善んしたいのでしたら、自分の髪の毛でするのも良いでしょう。